何人かの人々のために、葉酸=毒

- May 14, 2017-


ノルウェーの科学者たちは、 高用量の葉酸(0.8 mg /日)とVitB 12(0.4 mg /日)が虚血性心疾患患者の癌と死亡のリスクを高めることを発見しました。



Folic acid-2.jpg 葉酸は、胎児神経管奇形、および女性の乳がんを飲むなどの一部のがんの予防におけるその役割を防ぐためによく使用されますが、現時点ではその用量は多くはありません、0.4 mg、0.5 mg以上


研究者らは、虚血性心疾患を有する約7,000人の患者に、ビタミンB(葉酸、ビタミンB12)またはプラセボのいずれかを服用することを無作為に割り当てました。 その結果、葉酸とビタミンB12群と対照群の新癌、癌死亡率および全死因死亡率はそれぞれ10.0%対8.4%、4.0%対2.9%; 16.1%対13.8%であった。 。


葉酸とビタミンB12を投与された人は、対照群と比較して、癌のリスクが21%増加し、癌による死亡リスクが38%増加し、全死因による死亡リスクが18%増加しました。



ノルウェーの研究では、高用量の葉酸とビタミンB 12が虚血性心疾患患者の癌と死亡のリスクを増大させ、他の集団でも同じ効果が決定されていないことが示唆されています。




    参照: アメリカ医師会ジャーナル