N‐アセチル‐L‐システインとNOX特異的阻害剤VAS2870は血小板アポトーシスを減少させ貯蔵中の生存率を改善した

- Apr 24, 2019-


グルタチオン合成の前駆体として、 N-アセチル-1-システイン (NAC)は臨床的に認められている強力な抗酸化剤分子であり、これはグルタチオンレベルを回復し、スーパーオキシドジスムターゼ活性を高めそしてヒドロキシルラジカルを除去することにより酸化ストレスを著しく抑制する。

N-acetyl Cysteine-1.png


研究は 、VAS2870によるNOXの阻害およびROS(活性酸素性)に対するNACの捕捉効果の両方が、血小板の生存率を改善し、同時に血小板のアポトーシスを減少させることができることを示した。

メカニズムの観点から、結果は、NACが貯蔵中の血小板活性化およびアポトーシスを有意に減少させることができる有効な抗酸化剤であることを示しています。


シモンズ:

WeChat公のアカウント「輸血者」からの抜粋、リンクの全文は以下の通りです:

https://mp.weixin.qq.com/s/Nk5cBR5u9mWRuQQgnsa3XQ